ゆきざさ 北海道から九州の深山の林の中など、陰地に自生する白く美しい花をつける多年草 。根茎は多肉質で左右に伸びる。茎は直立して上部が斜めに傾き、20〜40センチの高さになる。葉は、茎の上部に互生、広い卵形で先端は尖り、葉脈は明瞭、笹の葉に似る。花は、花茎を伸ばして茎頂に白色の小花を円錐状に多数つける。果実は、秋に球形液果で赤く熟す。名の由来は、小花の咲く様子が雪のように美しく、葉が笹の葉に似るから。
雪 笹
科 目 ユリ科
花 期 5月から7月頃

ブンゲン、撮影日:2009.06.03

伊吹-国見岳、撮影日:2008.05.21

山聲-TOP
山の彩り-山野草