やぐるまそう 北海道西南部から本州に分布し、深山の谷沿いの林床など、湿り気のある場所に生育する多年草。根出葉は、5枚の小葉からなる掌状複葉で、葉柄は50pに達し、小葉は倒卵形で先端が、3〜5浅裂します。花茎の高さは1m程になり、短い葉柄をもった茎葉が数個互生します。花は、先端に円錐状の花序をつけ、花弁はなく、花弁にみえる萼裂片は、始め緑白色で、後に白色に変わります。由来は、小葉の構成が、端午の節句の鯉のぼりに添える「矢車」に似ることから。
矢車草
科 目 ユキノシタ科
花 期 6月から7月頃
山聲-TOP
山の彩り-山野草
山野草-TOP