やぶみょうが 関東から九州に分布し、暖地の林縁や竹藪などに自生する多年草。ミョウガに似た長楕円形の葉を互生させ、葉の根元は茎を巻く葉鞘を形成する。葉は茎の先端部分だけに集中する。なお本種の葉は表面がざらつくところ、葉が2列に出ない。花期になると、茎の先端から花序をまっすぐ上に伸ばし、白い花を咲かせる。花が終わると初秋にかけて直径 5mm程度の球状の実を付け、じきに葉を落とす。実は若いうちは緑色で、熟すと濃い青紫色になる。
藪茗荷
科 目 ツユクサ科
花 期 6月から9月頃

佐和山、撮影日:2013.11.13

山聲-TOP
山の彩り-山野草