つるありどおし 北海道から九州にかけて分布し、山地から亜高山帯にかけて湿った林縁などに生育する常緑性の多年草。茎は地上を這い、節々から根を出します。葉は対生し、深緑色で厚く、無毛で、長さ1〜1.5cmの卵形〜卵円形で縁はやや波状。茎先に2個並んで花をつけます。花冠はふつう白色、まれにややうすく赤みを帯び、花冠は長さ1.5cmほどで、先は普通4裂しますが、5裂するものもあります。内面に白毛があり、花筒の下にある子房は2個が合着しています。
蔓蟻通
科 目 アカネ科
花 期 6月から7月頃
山聲-TOP
山の彩り-山野草
山野草-TOP