つまとりそう 北海道から四国に分布し、亜高山の草地、半陰地、林縁に自生する多年草。茎の高さは10〜15cm。葉は茎に互生し、茎の上部に輪生状につく。葉の形は、広被針形で先が尖り、葉身は長さ20〜70mm、幅10〜25mmになる。先端の葉腋から花柄を伸ばし、白色の花を上向きにつける。花冠は7弁に分かれて咲き、雄しべは7個、雌しべは1個ある。名の由来は、花弁の先端にしばしば淡い紅色の縁があり、その色の入り方が鎧の威色目の一つである褄取りに似ているため。
褄取草
科 目 サクラソウ科
花 期 6月から7月頃

赤兎山、撮影日:2007.07.08

山聲-TOP
山の彩り-山野草