つがざくら 日本の固有種で、本州(福島県から鳥取県)および四国(愛媛県)に分布し、高山の岩場に生育する常緑小低木。茎は地面を這い、上部が斜上し、高さは10〜20cm。葉は密に互生し、線形で縁にはまばらな微鋸歯。枝先に散形花序をつけ、2〜6個の花を横向きにつける。花柄は細く、微毛と腺毛が生え、萼片は卵形または広披針形で紅紫色になる。花冠は鐘型で、薄い桃色をし、先端は浅く5裂する。名の由来は、葉が針葉樹のツガに似、花が桜色をしていることによる。
栂 桜
科 目 ツツジ科
花 期 7月から8月頃

浄土山、撮影日:2012.07.24

山聲-TOP
山の彩り-山野草