ちんぐるま 東日本(北海道〜中部地方以北)に分布し、高山の草地や湿地に生育する落葉小低木の高山植物。枝は地面を這い、群落を作る。葉は羽状複葉。花茎の先に3cmほどの白い花を1つ咲かせる。花弁は5枚で、多数の黄色い雌しべと雄しべがある。花後、雄しべの花柱は伸びて放射状に広がる。秋には葉が赤く紅葉する。 名の由来は、花の後にできる長い毛を持った集合果を稚児車(チゴグルマ=子どもの玩具の風車)に見立てたものから転じて付けられた。
珍 車
科 目 バラ科
花 期 6月から8月頃

立山、撮影日:2012.07.25

浄土山、撮影日:2012.07.24

木曾駒ヶ岳、撮影日:2010.08.05

五龍岳、撮影日:2009.07.20

鹿島槍ヶ岳、撮影日:2008.07.31

燕岳、撮影日:2007.08.08

山聲-TOP
山の彩り-山野草