しろばなとううちそう 日本固有種で、東北地方に分布し、高山の草地に生育する多年草。地下茎は太く、根出葉は、束生し長い葉柄があり、その先に奇数羽状複葉がつく。小葉は、広卵形から楕円形で、葉軸にややまばらにつき、縁に鋸歯があり、裏面は粉白色になる。茎丈は、30〜70cm。茎につく葉は互生する。穂状花序は茎先、分枝した枝先に1個ずつつく。花穂には花を密につけ、花穂の上部から基部にかけて開花していく。花は白色で、ときに紅色を帯びる。雄蕊は花外に突き出る。
白花唐打草
科 目 バラ科
花 期 8月から9月頃
山聲-TOP
山の彩り-山野草
山野草-TOP