しらたまのき 中部以北の亜高山帯以上の草地等、比較的乾燥した場所に生える。高さは30cm程度。葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。革質で硬く、先は丸く、縁には粗いぎざぎざ(鋸歯)がある。 上部の葉の脇や枝先から総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、1輪から6輪の釣鐘型の花を下向きにつける。9月頃、萼が肥大して果実を覆い、白い玉状になることからシラタマノキの名がある。別名を白物(シロモノ)ともいう。赤物(アカモノ)との対比でつけられた名。
白玉の木
科 目 ツツジ科
花 期 7月から8月頃

白根山、撮影日:2011.09.15

高瀬渓谷、撮影日:2010.09.26

山聲-TOP
山の彩り-山野草