さわはこべ 本州〜九州の山地や落葉樹林下の谷筋や湿潤な急傾斜地などの生育する多年草。草質は軟弱であり、茎の下部は地を這い、節からひげ根を出す。葉に葉柄があり、葉身は長さ1〜4cm、幅0.8〜2.5cmになり、卵形から三角状卵形で、先端は鋭形、表面に伏毛があり、裏面は毛が無く、茎も無毛。花は、葉腋から長い無毛の花柄を伸ばし、先端に花を単生する。花弁も5個で2中裂し、白色で萼片と同じ長さ。雄蕊は2〜10個、花柱は3個。果実は球状の刮ハで6裂する。
沢繁縷
科 目 ナデシコ科
花 期 5月から7月頃
山聲-TOP
山の彩り-山野草
山野草-TOP