おさばぐさ 日本特産。本州の東北地方から中部地方にかけて分布し、亜高山帯針葉樹林の林床、林縁にまれに生育する多年草。葉は多数根生し、基部は短い柄をもつ。葉は櫛の歯状に深く裂け、表面にあらい毛をもち、裂けた羽片の幅は3mmくらいになる。花茎は直立し、花茎の上部に、白色の4弁の花を下向きに多数つける。小花柄の長さは10〜15mm、花弁は長楕円形で長さは5mmになる。名の由来は、葉の形がシダ類に似、機織の筬(おさ)に似ていることから。
筬葉草
科 目 ケマンソウ科
花 期 6月から8月頃

北横岳、撮影日:2006.07.04

山聲-TOP
山の彩り-山野草