ななかまど 日本全国に分布し、山地から亜高山帯に成育する落葉高木。高さ7〜10m程度。葉は無毛またはほとんど無毛であり、複葉で11〜17の小葉からなる。鋸歯はバラ科の特徴をよく示し、鋭く規則的で美しい。全体の花序は、枝分かれした花序がいくつも集まっており、全体として1つのまとまりのある花序に見える(複散房花序)。果実は赤く熟し、美しい。 名は、大変燃えにくく、7度竃(かまど)に入れても燃えないということから付けられたという説から。
七 竈
科 目 バラ科
花 期 5月から7月頃

鹿島槍ヶ岳、撮影日:2008.07.31

尾瀬ヶ原、撮影日:2008.10.08

立山、撮影日:2012.07.26

蓮華温泉、撮影日:2011.09.13

荒島岳、撮影日:2009.10.28

三国峠、撮影日、2010.05.29

ブンゲン、撮影日:2009.06.03

山聲-TOP
山の彩り-山野草