みつばおうれん 北海道から本州中部以北に分布し、亜高山帯から高山帯の針葉樹林内や林縁、湿地などに生育する常緑の多年草で高山植物。根茎は細長く、横に這って繁殖する。根出葉は3出複葉で、小葉は倒卵形で光沢がありやや厚く、基部の葉柄はほとんど無く、縁には鋭い重鋸歯がある。花茎は緑色で、高さは5〜10cmになり、1個の花を上向きにつける。花の径は7〜10mm、白い花弁にみえるのは萼片で5枚あり、長楕円形。花弁は蜜を分泌し、黄色で萼片より小さい。
三葉黄連
科 目 キンポウゲ科
花 期 6月から8月頃

浄土山、撮影日:2012.07.24

山聲-TOP
山の彩り-山野草