まんりょう 関東地方以西から沖縄に分布し、林内に生育する常緑小低木。冬に熟す果実が美しいので栽培され、特に名前がめでたいので正月の縁起物とされる。高さは1mほど。根元から新しい幹を出して株立ちとなる。葉は縁が波打ち、互生する。葉の波状に膨れた部分には、共生細菌が詰まった部屋が内部に形成されている。花は白色で、小枝の先に散形花序をなす。果実は液果で、10月頃に赤く熟し、翌年2月頃まで枝に見られる。栽培品種には白や黄色の果実もある。
万 両
科 目 ヤブコウジ科
花 期 7月から8月頃

鳥居本、撮影日:2009.12.30

鳥居本、撮影日:2009.12.30

山聲-TOP
山の彩り-山野草