まいづるそう 北海道から九州に分布し、山地帯上部から亜高山帯の針葉樹林に多く群生する多年草。落葉層(リター層)の発達した環境で、根茎を横に伸ばしよく繁殖する。茎は高さ10〜20cmほど立ち上がり、途中に2枚のハート形の葉をつける。両面ともに毛はなく、先は鋭く尖る。 先端から茎を伸ばし、白色の小六弁花を総状花序につける。花びらは反り返り、雄しべが突き出す。 名の由来は、葉の模様が舞う鶴に見えることから。
舞鶴草
科 目 ユリ科
花 期 5月から7月頃

高千穂峰、撮影日:2008.05.31

爺ヶ岳、撮影日:2008.08.01

山聲-TOP
山の彩り-山野草