こがくうつぎ 日本固有種で、本州の東海地方から九州にかけて分布し、川沿いや崖地などに生える落葉低木。樹高は1mから2m。葉は楕円形で、向かい合って生える(対生)。枝先に散房花序(柄のある花がつき、下部の花ほど柄が長いので花序の上部がほぼ平らになる)を出し、両生花と装飾花をつける。 周りにつく装飾花の萼片は3枚から5枚で色は白い。中央部には5枚の花弁を備えた両性花があるが、目立たない。名の由来はガクウツギよりも花が小さいというところから。
小額空木
科 目 アジサイ科
花 期 5月から7月頃

高千穂峰、撮影日:2008.05.31

山聲-TOP
山の彩り-山野草