からまつそう 北海道から本州の山地〜高山帯の草地に自生する高山植物。日本固有種の宿根草で、花がカラマツの葉の付き方に似ているのでこの名前が付いた。高さは50-150cm。葉は根本から出て、二回ないし三回羽状複葉。小葉は長さ2-3cmで楕円形。根本から高く伸び上がる花茎を出し、その先に複散房花序の形で直径1cmほどの白色の花を多数つける。花弁はなく、白い花は雄しべの集まりである。
落葉松草
科 目 キンポウゲ科
花 期 6月から8月頃

経ヶ岳、撮影日:2010.07.19

長野県大町市:爺ヶ岳、撮影日:2008.08.01

滋賀県浅井町/岐阜県:金糞岳、撮影日:2008.06.27

山聲-TOP
山の彩り-山野草