いぶきぼうふう 北海道〜近畿地方以東の山地の草原に自生する常緑多年草。ボウフウとはセリ科の漢方薬の防風のことを指し、伊吹山ではじめに発見されたことからこの名がある。分布を見ればわかるとおり、伊吹山は分布の南限界に近い。 直立した茎は角ばり稜があり、よく分枝します。 葉は2-3回羽状複葉で、小葉には細かい切れ込みが入ります。 花序形は複散形花序で、花序下には総苞片があり、小花序下には小総苞片があります。 小花は5cm前後の白い五弁花で
伊吹防風
科 目 セリ科
花 期 8月から9月頃

唐松岳、撮影日:2009.07.18

山聲-TOP
山の彩り-山野草