ほおずき 原産地は東南アジアで、日本へは古い時代に栽培用として渡来 した多年草。草丈は60〜80cm位になる。葉の脇に花径1〜2センチの白い五弁花を下向きにつけるナス科の仲間のピーマンや唐辛子の花とよく似ている。 花の咲いた後に六角状の萼(がく)の部分が発達して果実を包み袋状になり、熟すとオレンジ色になる。名の由来は、果実を鳴らして遊ぶ子どもたちの頬の様子から「頬突き」と呼ばれるようになったという。
鬼灯(酸漿)
科 目 ナス科
花 期 6月から7月頃

高室山、撮影日:2008.09.02

山聲-TOP
山の彩り-山野草