ひめうすゆきそう 日本固有種で、中央アルプス(木曽山脈)の将棊頭山から仙涯嶺にかけての高山帯に分布し、花崗岩礫地の岩棚などに生育する多年草。ウスユキソウ属の中ではもっとも小型で、茎の高さは4〜15cm。頭花は2〜3個。エーデルワイスに似た花と称されることがある。その産地が限られていることや個体数の少ないことから、2002年に、長野県が絶滅危惧IA類に指定した。長野県を代表する高山植物の一つです。別名:コマウスユキソウ(駒薄雪草)
姫薄雪草
科 目 キク科
花 期 7月から8月頃

木曾駒ヶ岳、撮影日:2010.08.05

山聲-TOP
山の彩り-山野草