ひめじょおん 北アメリカ原産で、日本には1865年頃に移入し、明治時代には雑草として広がり、全国に分布する一年草。背の高さが30〜150cmで、周りの花弁がとても細く、白い花を咲かせ、同属のハルジオンと共に、道端でよく見かける雑草です。茎と葉は黄緑色で、まばらに毛が生えます。弁の白い部分がやや紫がかる個体が見られることもあるが、これは清浄な空気の中で育った時にできるものである。驚異的な繁殖能力をもっているため、駆除がとても難しい。
姫女苑
科 目 シソ科
花 期 5月から8月頃
山聲-TOP
山の彩り-山野草
山野草-TOP