やぶつばき 日本原産で、本州以南に分布する常緑樹の高木。野生種の標準和名はヤブツバキ。花期は冬から春にかけ、早咲きのものは冬さなかに咲く。普通は高さ5〜6mだが、樹高18m・胸高直径50cmにも達する例もある。成長は遅く、寿命は長い。樹皮はなめらかで灰白色、時に細かな突起がまばらに出る。原種は紅色の五弁花で、花は花弁が個々に散るのではなく、多くは花弁が基部でつながっていて萼を残して丸ごと落ちる。古くから観賞用として品種改良が行われてきた。
藪 椿
科 目 ツバキ科
花 期 12月から4月頃

阿星山、撮影日:2010.03.14

伊崎山、撮影日:2010.01.05

古城山、撮影日:2009.04.07

高畑山、撮影日:2008.23.29

山聲-TOP
山の彩り-山野草