ちゃるめるそう 本州の中部以西に分布し、渓流沿いの湿り気のあるところに生える多年草。葉身は広卵形で縁は不規則に浅裂し、表面は濃緑色、裏面は淡緑色でやや赤みを帯びる。腺毛を密生した花茎を出し、小さい花を総状につける。花弁は5枚、羽状に3〜5裂し、裂片は線形で腺点を密につけ、赤みを帯びる。さく果は上部が二つに裂けてらっぱ状に開き、種子を出す。この裂開のようすをらっぱ状の楽器チャルメラに例えて名がつけられた。
哨吶草
科 目 ユキノシタ科
花 期 4月から6月頃

七尾山、撮影日:2009.04.22

伊吹-国見岳、撮影日:2008.05.21

山聲-TOP
山の彩り-山野草