ツツジ 学術的にはツツジ属の植物で、シャクナゲ類を除いた半常緑性または落葉性のものの総称。主として北半球に分布する。日本では古くから園芸品種として、交配され美しい品種がたくさん生まれた。中でもサタツツジとヤマツツジやミヤマキリシマなどをかけ合わせて生まれたクルメツツジはその代表で種類も多く色とりどりの花が咲き、満開の時期はまさに圧巻。ヒラドツツジも日本全国でよく見られる大型のツツジで、花も大きく街路樹としてもたくさん植栽されていて、ケラマツツジやモチツツジ、キシツツジなどを親としている。
躑躅
科 目 ツツジ科
花 期 3月から5月頃

石山寺、撮影日:2013.05.26

山聲-TOP
山の彩り-山野草