つのなす ブラジル原産で、独特な形の果実をつける植物である。高緯度地域は一年草だが、原産地の低緯度地域では実際は冬を越す。葉は心臓形で花は星形。果実は黄色の卵形に角状の突起がある。開花時期は夏季。主に観賞用として栽培されている。他のナス科の植物と同様に毒性がある。果実の形に由来して様々な愛称がある。 果実がキツネの顔に似ていることからフォックスフェイスやキツネナス(狐茄子)とよばれる。 また、カナリアナス(金糸雀茄子)とも呼ばれる。
角茄子
科 目 ナス科
花 期 8月から10月頃

当尾の里、撮影日:2012.09.27

山聲-TOP
山の彩り-山野草