しゅうかいどう シュウカイドウは中国原産の多年草。日本には江戸時代初期に園芸用に持ち込まれた帰化植物です。強い日照は好まないようで、半日陰のやや湿り気のある場所で栽培される。地下に塊茎があり、毎年この塊茎から地上茎をだす。葉は左右で形が異る。秋にピンク色の可憐な花を咲かせる。名前の由来は、花の色がバラ科の落葉低木であるカイドウに似ているので、秋カイドウと名付けられました。
秋海棠
科 目 シュウカイドウ科
花 期 7月から10月頃

佐和山山麓 撮影日:1010.10.02

山聲-TOP
山の彩り-山野草