さくらたで 田の畦や水辺、湿地に生える多年草。茎はやや太い節があり、高さ50〜100cm。葉は互生し披針形で先は鋭く尖り基部は楔形。茎先に穂状の花序を出し、淡紅色の花を蜜につける。花は5深裂する萼からなる。雌雄異株(しゆういしゅ)。名の由来は花色がサクラの花に似るため。淡い桃色の五つの花びらが小さな桜をおもわせる。タデ科の植物はどれもが花が小さい。地下茎で繁殖する。花の色が白色で小花が密につき、花序が垂れ下がるものをシロバナサクラタデという。
桜 蓼
科 目 タデ科
花 期 8月から10月頃

鳥居本路傍、撮影日:2011.09.27

山聲-TOP
山の彩り-山野草