サクラ 日本を代表し象徴する樹木で、日本の国花とされる。最も一般的なサクラはソメイヨシノで、ほぼ日本中に分布する。例年3月に気象庁が発表する「さくらの開花予想」(いわゆる桜前線)も本種の開花状況が基準となっている。「ソメイ」は染井(現在の豊島区巣鴨)という地名から来たもので、そこにあった植木屋が発祥の地とされている。その他、八重咲きの種類や、冬に花を咲かせる種類などさまざまなサクラがあり、品種の数は600種類以上といわれている。
科 目 バラ科
花 期 4月から5月頃

枝垂れ桜-彦根城西の丸、撮影日:2013.04.08

彦根城-追手橋、撮影日:2012.04.13

八重桜-皆子山、撮影日:2010.05.15

紅桜-繖山、撮影日:2009.03.29

江戸彼岸桜-畑、撮影日:2008.04.15

彦根城佐和口櫓、撮影日:2013.04.08

MIHOミュージアム、撮影日:2008.04.15

山聲-TOP
山の彩り-山野草