れんげつつじ 日本固有種、北海道から九州にかけて分布し、高原や日当たりのよい草原に多く自生する落葉低木で有毒植物。高さ1〜2mくらい。葉が出たのち葉が開くのと前後して、直径5cmほどのロート状の朱色の花をつける。果実は刮ハ、長さ2〜3cmの円筒状で、10〜11月に熟すると5裂して小さな種子を飛ばす。名の由来は、つぼみの様子が蓮華に見えることから。蜜に毒を含む有毒植物で牛や馬が食べないこともあって、しばしば大群落を形成する。別名:ウマツツジ、ベコツツジ。
蓮華躑躅
科 目 ツツジ科
花 期 4月から6月頃

位山、撮影日:2011.06.04

山聲-TOP
山の彩り-山野草