おおいぬたで 日本全国に分布する大型の1年草。やや富栄養な草地や池の傍などに生育する。放棄畑などでは大きく成長し、1年目から数年間、旺盛な繁茂を示す。よく分枝して、節は太く、高さ120cmに達する。茎は無毛。枝先の長さ3〜7センチの穂状花序に、淡紅色または白色の花を多数密につけ、花序の先端は垂れ下がる。花弁のように見えるのは萼片です。痩果は扁平で熟すと黒褐色になり光沢がある。オオイヌタデの名前は、 食用にならない大きなタデという意味。
大犬蓼
科 目 タデ科
花 期 6月から11月頃

貝月山、撮影日:2008.09.10

山聲-TOP
山の彩り-山野草