おにしおがま 深山や亜高山帯の湿原や沢沿いに生育する。全身が白い 毛に覆われて、直径2cm近い茎がまっすぐ数10cmに立ち上る。茎が伸びかけのころ、先端に1つの花穂を発達させて、長さ4セン チほどの桃色の花を、下から上へと順に開花させ、まれに白花もある。花穂だ けで10cmほどの長さになります。シオガマギクの仲間は、イネ科やカヤツリグサ科の植物から養分を とる半寄生植物です。名の由来は、シオガマギク属の中で一番大きくて毛が多ことから。
鬼塩釜
科 目 ゴマノハグサ科
花 期 8月から9月頃

蓮華温泉、撮影日:2011.09.13

山聲-TOP
山の彩り-山野草