おどりこそう 日本全国に分布し、野山や野原の半日陰になるような道路法面などに群生する多年草。高さは30〜50cmくらいになります。葉は対生し、その形は卵状3角形から広卵形で、上部の葉は卵形で先が尖り、縁は粗い鋸歯状になり、基部は浅心形で葉柄があります。唇形で上唇は兜型、下唇は突き出して先端は2つに分かれた白色またはピンク色の花で、数個輪生状態になって茎の上部の葉腋に数段につける。由来は、花のつき方が、笠をかぶった踊り子達が並んだ姿に似る。
踊子草
科 目 シソ科
花 期 3月から6月頃
山聲-TOP
山の彩り-山野草
山野草-TOP