みぞそば 北海道から九州に分布し、小川沿いや沼沢地、湖岸などに生育する一年草。 茎は地をはい、上部は立ち上がって高さ30〜80cm。茎には下向きの刺がある。葉は互生し、形が牛の額にも見えることからウシノヒタイ(牛の額)と呼ばれることもある。花は、茎の先端で枝分かれした先に、直径4〜7mmほどで、花被は長さ4〜7mmで5裂し、裂片の上部は紅紫色、下部は白色の多数の花を咲かせる。名の由来は、その見た目が蕎麦に似ていることから。
溝蕎麦
科 目 タデ科
花 期 7月から10月頃

柳ケ瀬山、撮影日:2008.09.17

山室湿原、撮影日:2007.10.28

雲谷山、撮影日:2007.10.13

山聲-TOP
山の彩り-山野草