みやこわすれ 山野に自生するミヤマヨメナの日本産園芸品種として多く栽培される。茎は上部で枝分かれをし、3〜5個の花をつける。菊(キク)に似た紫色の可憐な花を咲かせる。花の色は青や白やあピンクのものもある。名の由来は、承久の乱にて佐渡に流された順徳天皇がこの花を見ると都への思いを忘れられるとの話によるとされ、この由来によって花言葉は「別れ」や「しばしの憩い」などといわれる。別名:ノシュンギク(野春菊)、アズマギク(東菊:別に東菊という種類もある)。
都忘れ
科 目 キク科
花 期 5月から6月頃

立山、撮影日:2011.06.12

山聲-TOP
山の彩り-山野草