いかりそう 本州の太平洋側に分布し、山地の林下に生えます。花は下向きに開き、径3センチメートル、紅紫色。花の四方に伸びた角のような部分、いかりの鉤にあたる部分は「距(きょ)」と呼ばれる器官で、これは花弁の一部が袋のように変化したものです。その姿が船の錨のような特異な形をしているためにこの名がつきました。園芸用や薬用に栽培されることもあります。
錨 草
科 目 メギ科
花 期 4月から5月頃

滋賀県浅井町:七尾山、撮影日:2012.04.30

滋賀県浅井町:七尾山、撮影日:2009.04.22

山聲-TOP
山の彩り-山野草