ふじあざみ 富士山および富士山周辺の山地の山地帯〜亜高山帯に分布し、砂礫地や崩壊地周辺で生育する多年草。基準標本は富士山のもので、日本の固有種。日本産のアザミの中では最も大きな花を咲かせる種類であり、高さは20〜100cm、葉は長さ30〜70cmに達する。茎の先端に付く頭花の大きさは子供の拳ほど(直径5〜10cm)と非常に大きい。小花は細い筒状花で紅紫色をしており、稀に白花の個体も見られる。総苞片は紫色で、先端は鋭く尖っている。
富士薊
科 目 キク科
花 期 8月から10月頃

高瀬渓谷、撮影日:2010.09.26

山聲-TOP
山の彩り-山野草