ごんずい 低山の雑木林の縁などで普通に見られる木。10月ごろにできる赤い実が人目を惹き、種子は黒く光沢があります。5〜6月に花も咲かせるが薄緑色の小花であまり目立たちません。名前の由来には諸説ありますが、毒を持つナマズの仲間「ゴンズイ」と同様、役に立たないためとする説が有名です。ただ実際には、魚のゴンズイは天ぷらにすることがあり、樹木のゴンズイは若菜を食べることがあります。別名:クロクサギ(黒臭木)のとおり、葉をちぎると独特の香りがします。
権 翠
科 目 ミツバウツギ科
花 期 10月頃
花期:05〜06月頃
山聲-TOP
山の彩り-山野草
山野草-TOP