えいざんすみれ 日本の特産種で、本州から九州まで分布し、山地の林内に生育する多年草で、日本海斜面には少ない。由来は、比叡山に生えていることからで、比叡山に限らず広い範囲で見ることができます。裂け葉のスミレのひとつですが、湿気のある、半陰地の樹林下に自生します。葉は長さ3〜5pで三裂し、さらに2回分かれて鳥足状となり、夏葉はこれがスミレかと思う程、大きく意外な姿になります。花は、丸弁で大輪、花色は淡紅色から紅色、白色に近いものまで、変化が多い。
叡山菫
科 目 スミレ科
花 期 4月から5月頃
山聲-TOP
山の彩り-山野草
山野草-TOP