よつばしおがま 北海道から中部地方以北に分布し、亜高山や高山の草地や砂礫地 に生育する多年草。高さは20〜50cm。葉は羽状に深く裂け、裂片もさらに羽状に裂ける。葉は普通は4枚ずつ数段に輪生する。茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、紅紫色の花を普通は4つずつ数段に輪生させる。花冠は唇形である。上唇は兜状になり、先は鳥の嘴のように曲がって尖る。下唇は3つに裂ける。萼は筒状で、先が5つに裂ける。
四葉塩釜
科 目 ゴマノハグサ科
花 期 6月から8月頃

木曾駒ヶ岳、撮影日:2010.08.05

浄土山、撮影日:2012.07.24

山聲-TOP
山の彩り-山野草