やなぎらん 北半球に広く分布するほか、北海道や本州の中部以北に分布し、山地や亜高山の草原に生育する多年草。スキー場や山火事跡地によく群生します。茎は直立し、高さ1〜1.5m。茎上部に総状花序をだし、柄のない紅紫色の小花は、直径3pくらい、花びらは4枚あります。葉は、長披針形で互生し、縁にわずかに鋸歯があり、裏側は白っぽい緑色です。果実は細長く、熟すと白くて長い毛を持ったタネを散らします。由来は、葉が柳に似ていて、花をランにたとえたことから。
柳欄
科 目 アカバナ科
花 期 6月から9月頃
山聲-TOP
山の彩り-山野草
山野草-TOP