やぶれがさ 本州から九州に分布し、山地の林下の斜面などに生育する多年草。若い個体は、根出葉のみで花茎が出ず、年数が過ぎ、栄養が蓄積されると花茎を出します。茎は直立し、分枝せず、高さは70〜120pになります。根出葉は1枚、茎葉は互生し、下方の葉は、長い葉柄を持ち基部は茎をとり巻きます。葉身は、円形で裂片に掌状深裂します。茎の先に、円錐花序に白色から淡紅色の頭花を多数つけます。由来は、芽出しの頃の若い葉の様子が「破れ傘」に似ることから。
破れ傘
科 目 キク科
花 期 6月から9月頃
山聲-TOP
山の彩り-山野草
山野草-TOP