てがたちどり 日本では北海道と本州中部以北の亜高山帯から高山帯にかけての草原に分布する多年草。茎の高さは30〜60cm。葉は茎の中部以下に6〜10個が互生、やや幅広い線形、二つ折りで基部は茎を抱く。脈は目立たない。茎の上部に麟片葉も数枚つく。1cm程度の小さな花が穂状に密集して咲く。花の色は淡い紅紫色。名の由来は、太い根が手のひら状になっていること、花が千鳥の飛ぶ姿に似ていることから付けられている。
手形千鳥
科 目 ラン科
花 期 7月から8月頃

鹿島槍ヶ岳、撮影日:2008.07.31

燕岳、撮影日:2007.08.08

山聲-TOP
山の彩り-山野草