たけしまらんのみ 本州の中部地方以北に分布し、山地の針葉樹林内に生育する多年草。茎は、高さ20〜50pになり、ふつう2枝に分かれます。葉は互生し、長さ4〜10pになる卵状披針形で、笹の葉に似ています。三本の葉脈が目立ち、同属のオオバタケシマランと違い、基部は茎を抱きません。花期は6月、葉腋から長い花柄を伸ばし、1個ずつ淡紅色の花を下向きに下げます。花被片は6個で長さ3mmになり、基部から平開して先端は反り返る。果実は液果で径7mmの球形になり、赤く熟す。
竹縞蘭
科 目 ユリ科
花 期 5月から6月頃
山聲-TOP
山の彩り-山野草
山野草-TOP