たかねうすゆきそう 北海道から本州中部以西の高山の草地や礫地に自生する多年草。高さ10〜12cm。葉は互生で長さ4〜6cm、灰白色の綿毛が覆っている。茎の先に球形の小さな頭状花をたくさんつけ、ひとつの花のように見えます。雌雄異株で雄花を咲かせるものと雌花を咲かせるものとがあります。葉に柄がなく基部が茎に直接つく様子を矢筈(矢の端の弓弦を掛けるところ)に見立ててこの名前があります。ウスユキソウの仲間ではなく、ヤマハハコの仲間です。別名:タカネヤハズハハコ
高嶺薄雪草
科 目 キク科
花 期 7月から8月頃

浄土山、撮影日:2012.07.24

山聲-TOP
山の彩り-山野草