くるまばな 山地の日当たりの良い草地に生える多年草。茎は、直立して下向きの毛が密生する。葉は対生し長さ2〜4cmの卵形〜長卵形、葉縁には鋸歯があり、葉先は鈍頭で基部は円形。葉表は無毛で、葉の裏の葉脈上と柄には毛が生える。花は淡赤紫色の唇形で、茎の上部の葉脇や頂部に数段輪生して咲かす。上唇の頂部はわずかに切れ込み、下唇は大きく3裂し基部には赤紫色の斑紋が入る。名の由来は、花が車軸状に輪生することからきている。
車 花
科 目 シソ科
花 期 7月から9月頃

伊吹山、撮影日:2010.07.28

山聲-TOP
山の彩り-山野草