こいわかがみ 高山の岩場や草地に生え、イワカガミの変種(高山型)とされています。葉には長い柄があり、根際から数枚が生える。葉は直径2cmくらいの卵円形で、先は丸いかややへこむ。葉の質は革質で、表面には艶がある。葉の色は時期や場所によって褐色から緑色になる。花茎の高さ5〜10cmで先端に1〜5個の花を偏在的につけ、雪解けを待っていたようにすぐに咲き始める。名の由来は、岩地に生え、葉に光沢がある事から鏡に見たてたもの。
小岩鏡
科 目 イワウメ科
花 期 6月から8月頃

鹿島槍ヶ岳、撮影日:2008.07.31

立山別山、撮影日:2012.07.26

浄土山、撮影日:2012.07.24

木曾駒ヶ岳、撮影日:2019.08.05

山聲-TOP
山の彩り-山野草