かわらなでしこ 別名をヤマトナデシコ(大和撫子)ともいう。奈良の昔から多くの万葉歌人に愛され、たくさんの歌に詠まれている秋の七草のひとつ。ナデシコ、ヤマトナデシコの別名があります。ナデシコは愛児にみたてて、可愛い子供の頭をなでる様子に共通した感情から生まれたといいます。秋の七草の一つで、俳句の季語も秋。淡い紅色や白い可憐な花を咲かせる。名の由来は、河原によく生育していることによっている。花びら(花弁)は5枚で、先が細かく裂ける。
河原撫子
科 目 ナデシコ科
花 期 6月から9月頃

伊吹山、撮影日:2010.07.28

高ボッチ高原、撮影日:2012.09.04

伊吹山3合目、撮影日:2011.08.04

三十三間山、撮影日:2008.09.23

静馬ヶ原、撮影日:2008.08.17

山聲-TOP
山の彩り-山野草