あれちぬすびとはぎ 北アメリカ原産で、比較的近年入ってきた帰化植物の1年草。西日本に多く見られ、路傍や造成地などの荒れ地に生育します。茎は高さ1.0mほどで、開出毛が多く、葉は3小葉からなり、小葉は両面に伏毛が密生します。茎や花軸にも毛が多く、全体的に毛が目立つ植物です。花は帯青紫色で、ヌスビトハギよりやや大きく、節のくびれが深くありません。果実表面には、かぎ状の細かい毛が密生していて、衣服などによくくっつきます。名前の由来は、荒地に生育することから。
荒地盗人萩
科 目 マメ科
花 期 7月から9月頃
山聲-TOP
山の彩り-山野草
山野草-TOP