ちからしば 日本全土に分布し、日当りのよい道端や草地に生える多年草。小穂には2花が付き、上部の花だけが結実。基部には総苞片が変化した長い剛毛がはえ、小穂と一緒に脱落するのが特徴。小穂は開出し、ビン洗いのブラシや、試験管洗いのような姿になる。秋に草はらなどを歩くと、剛毛が衣服に刺さり小穂が沢山付いてくる。名の由来は、非常に強いヒゲ根を地中に下ろし、茎も強くて引き抜こうとしてもなかなか引き抜けない力強さがあることから。別名のミチシバ(路芝)
力 芝
科 目 イネ科
花 期 8月から11月頃

三十三間山、撮影日:2008.09.23

山聲-TOP
山の彩り-山野草