たかのつめ 本州や九州の、丘陵地帯から山地に多く分布する、日本特産種の落葉高木。樹高5〜15m。由来は、冬芽が鷹の爪を思わせるため。材は柔らかく、樹皮は灰色で滑らかです。葉は三出複葉で、長枝に互生し、短枝または枝の先端に束生あるいは集中します。葉の表面は緑色で無毛であり、裏面は灰緑色。秋には、ひときわ鮮やかに黄葉します。5〜6月に、中心部の白い淡緑色(黄緑色)の小さな花が集まった散形花序を総状につけます。9〜10月が果期で、黒く熟す。
鷹の爪
科 目 ウコギ科
花 期 5月から6月頃
山聲-TOP
山の彩り-山野草
山野草-TOP